• ホーム
  • アイピルを常備して避妊ミスに備える

アイピルを常備して避妊ミスに備える

アイピルは、レボノルゲストレルのジェネリック医薬品として各国で提供されている製品です。日本国内では厚生労働省の認可が下りていませんので購入することができませんが、個人輸入で個人目的で購入するのならば入手することが可能です。実際に、アイピルをクリニックで購入しようと考えてもできませんので相談してもあまり意味はありません。

現実的にも、ジェネリック医薬品として提供されているため値段が安いという特徴があります。何よりも、通販のような感覚で安いアイピルを購入できますので、非常に使いやすいという利点も存在します。病院に行かなくても問題ないため、身近な避妊薬として各国で重宝されています。一方で、万が一に身体的な問題が発生してもその責任は誰もとってくれないので、この点のリスクは必ず存在することだけは理解しておくことです。

また、個人輸入の通販でジェネリック医薬品を購入する際には偽物のアイピルを掴まされないように細心の注意が必要です。特に、医薬品関連の偽物は世界的にも多く民間の会社の調査では種類によっては3割から4割近くが偽物が混ざっていることもあると発表されています。既に実績が存在する業者を選択することが大切で、怪しい業者は絶対に使わないように気を付けておく必要があります。

アイピルは、通常の低用量のレボノルゲストレルとは異なってアフターピルとして提供されています。普通の低用量ピルは事前に服用して効果を発揮するものですが、アイピルは事後的に服用することで避妊の効果を発揮することに大きな違いが存在します。

性行為を行うときには、避妊対策をしても不測の事態で妊娠のリスクが生じてしまうこともあります。こういった、性行為のトラブルを事後的に回避することができるのがアイピルの大きな利点です。性行為をこれから行いたいと考えている人のお守りとしても、所持することができます。実際に、お守りとして持っていれば万が一のときにすぐに対応できますので、慌てて病院に行く必要もありません。

肝心の避妊の確率ですが、なるべくならば24時間以内に服用したほうが高くなります。日本で処方されているアフターピルは、一般的に性行為から48時間から72時間を基準で服用するように提起しています。しかし、性行為からの時間が早いほど効果が高まることに違いはありません。24時間以内だとより効果が高まる可能性がありますので、できるだけ早く使う方が良いと考えられています。