• ホーム
  • アフターピルで避妊をミスっても安心!

アフターピルで避妊をミスっても安心!

アフターピルは、性行為のときに避妊対策に失敗してしまったときに使える画期的なものです。中絶薬のような重い医薬品ではなく、文字通り妊娠をしないようにしてくれるものであるため効果としては一般的な低用量ピルと変わりありません。ただ、性行為のときから72時間以内に服用しなくてはならないという時間的な制限は存在します。72時間以内に利用できないと、アフターピルでの妊娠の回避を実現できなくなる可能性があるため、この点は気を付けておくことです。

一般的に、妊娠をしてしまったときには避妊を行っても間に合いません。母体の中で胎児が成長し始めますので、中絶薬のように心身ともにきつくてつらい選択をする必要性が生じます。アフターピルは、その前段階で食い止めることができるものであるため、副作用などについても通常の低用量ピルと近い状況です。

実際に、吐き気や不正出血など通常のピルで見られる副作用が確認されています。ただ吐き気に関しては、別途薬で防止することもできますのでそれほど深刻に考える必要はありません。

アフターピルの効果は、子宮内膜の着床の回避に秘密があります。受精卵が着床すると妊娠が始まりますので、この部分を回避することで避妊の効果を発揮するようにしています。精子が子宮内に入ってたとしても問題がないのは、精子と卵子によって生じる受精卵の着床を防ぐためです。これに加えて、排卵遅延を生じさせることで高い確率で避妊させることができます。アフターピルによる排卵遅延や着床の防止で、約80%の避妊の効果を確認できています。

具体的な使い方としては、72時間以内にまず2錠服用することが重要です。そして、服用した後のさらに12時間後に同じようにアフターピルを使うということを繰り返します。こうすることで、事後の避妊効果を確認できるようになります。

また、アフターピルが魅力的なのは医療機関で正規の医薬品として提供されている点です。事後的に医薬品を使って避妊をすることが認められていますので、医療機関から手厚いサポートを受けられるというメリットが存在します。

現実的にも、通常の避妊薬についても病院に行くことを躊躇して個人輸入などで手軽に入手してしまう人が多い現状です。当然ですが、それによって生じる副作用などのリスクは本人が背負わなくてはいけません。病院に行けば、安全に事後的な避妊の説明をしてくれますので心身への負担も小さくできます。