• ホーム
  • トリキュラーで月経周期を安定化させる

トリキュラーで月経周期を安定化させる

笑顔の女性

トリキュラーは、低用量のピルとして提供されている日本でもなじみのある医薬品です。
病院で処方してもらえるほかに、トリキュラーの通販サイトを利用する方法で入手することができます。
レボノルゲストレルという一般名を持っている製品のことです。
レボノルゲストレルは、他の避妊薬とも関連性が深いものであるため、この成分を知っておくとより避妊薬の理解を深めることができます。

トリキュラーは、21錠タイプのものと28錠タイプのものが提供されていますので、目的に応じてどちらかを選択することが大切です。
トリキュラーは、他の避妊薬と同じように当然、避妊効果も確認されています。
エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンに酷似した成分が利用されていることが大きな特徴であるため、これらを利用することで避妊効果を生み出します。

ただ、こういった疑似的な女性ホルモンに似た物質を利用することによって、避妊効果以外にも良い効果をもたらすことができるものとして重宝されています。
それが、月経周期の安定化です。
月経周期は、患者によっては大きく乱れてしまっていることがあるため、安定化させるためには薬に依存しなくてはいけません。
この時に利用できるのが、実はトリキュラーのような避妊薬です。

ここで大切になるのが、21錠タイプと28錠タイプの違いです。
基本的に、トリキュラーを服用するときには休薬期間というものが存在します。
その名前の通り、その期間中は薬を飲みません。
21錠タイプのものは、この休薬期間の最中に何も飲まないのですが、実は28錠タイプのものはこの期間中に偽薬と呼ばれる薬を飲まなくてはいけません。
偽薬とは、疑似的なホルモンが存在しない薬のことをいいます。

トリキュラーのような避妊薬は、製品の中に様々な種類の錠剤が含まれていてそれぞれの種類のものをルールに従って服用しなくてはならないという決まりがあります。
この使い方のルールを守らないと、予期せぬ副作用が出てしまう可能性もありますので気を付けなくてはいけません。
特に、偽薬に関しては同じ医薬品であっても21錠タイプのものには存在しないものであるため、より注意が必要です。

実際に、月経周期を安定化させることができるのもこういった使い方のルールが厳格に決められているからに他なりません。
トリキュラーは、服用者の約1割程度に副作用が存在すると考えられているものなので、副作用自体はそれほど大きくありません。
使い方を間違えなければ、自然と身体が慣れてきて月経周期が安定するようになります。