• ホーム
  • ピルの通販購入はあくまでも自己責任です!

ピルの通販購入はあくまでも自己責任です!

薬を飲んでいる女性

避妊用のピルは、ジェネリック医薬品として通販を利用して購入することが可能なものです。ただ、通販で購入できるピルによって生じる問題は、全て自己責任として処理されることになるためこの点は注意をしておく必要があります。

誤解をしてはならないのは、ジェネリックそのものはとても安全性が高い製品であるということです。ジェネリック医薬品は、既に安全性が確認されている先発医薬品を模倣して開発していきますので、患者への身体的な影響は先発医薬品と変わりません。そのため、ジェネリック医薬品の利用そのものは全く問題ないということを知っておくことです。

一般的に、日本の医療機関は安全な医薬品を提供してくれるという保証が存在します。仮に、医療機関で処方してもらったもので何らかの不具合が生じたときには、その病院に責任をとってもらうことができます。値段が高くなる可能性はありますが、処方した病院に責任が帰属しますのでその値段の中に処方についての保証があると考えるとわかりやすいです。

一方で、通販で購入できるものの中にはそもそも正規品だけではなく偽造品が入っている可能性もあります。医療機関で入手できる製品は、正規のルートで購入できるものであるため安全性に関しては非常に高いといえます。少なくとも、偽造品を患者に対して処方するなどといったことはほとんどありません。

反対に、通販で購入可能な医薬品、特に個人輸入という形で購入できる医薬品には、数多くの偽造品が入っていることがわかっています。これは、実際に危険なものが存在するということを厚生労働省が発表しているくらいです。個人輸入の製品は、海外の民間の会社が開発していることが多く値段が安くて誰でも購入しやすいという利点が存在します。

ただ、こういった需要が大きな製品を利用して悪徳な業者が詐欺まがいの商法を展開していることも事実です。ですから、偽造品が存在することを含めて自己責任で考えなくてはいけないことに注意が必要です。

また、購入した避妊薬を別の人に譲ったりしないように気を付けておくことも大切です。個人輸入という形で購入した医薬品は、その人が個人的な目的でのみ使うことを認められているものですので、それ以外の目的で使うと罪に問われます。これには、単純に第三者に譲る行為も含まれています。個人目的で購入した際には、最後まで自己責任で扱わなくてはならないということを理解しておかなくてはいけません。