• ホーム
  • マーベロンで生理を完全コントロール!

マーベロンで生理を完全コントロール!

心配している女性

マーベロンは低用量ピルとして提供されている医薬品であるため、身体的な負担を小さくしながら生理の負担も小さくできるというメリットがあります。製品としては21錠タイプのものと28錠タイプのものが用意されていますので、どちらを利用しても構いません。

マーベロンが優秀なのは、継続的に使い続けるとことで女性ホルモンの血中濃度を一定に保つことができるようになることです。この効果で排卵を抑制することができるようになりますので、月経移動が楽になって月経痛なども抑えることができます。また、子宮内膜を良好にしてくれる働きもあるため、受精卵の着床をしにくい状態にしてくれます。

実際に服用する際には、一定時刻にマーベロンを使い続ける必要があります。21錠タイプのものだと、21日間で一定時刻に服用し続ければ良いことになります。使えば使うほど安定して効果が強まる傾向がありますので、忘れないようにしなくてはいけません。

1日程度忘れただけならば後から調整することができますが、何日も忘れてしまうと効果が強まることはないので必ず使い方を守る必要があります。月経移動を考えている場合には、月経の予定日を計算して服用することが大切です。

基本的に、マーベロンのような低用量ピルは生理の予定日の数日前に服用するのが普通です。例えば、旅行中などに生理がやってきて月経痛などを体感したくない人は、事前にマーベロンを予定日の数日前に使っておくことで、月経移動を簡単にすることが可能です。旅行後や変更後も、同じような形でピルを使っていけば安定して体調を保つことができます。変更後に逆に体調が苦しくなることは、通常の使い方をしている限りはほとんどないのでこの点も安心です。

また、28錠タイプのものを使う場合には薬を休む期間の中でも1週間以内に1日1錠ずつ偽薬というものを飲み続けなくてはいけません。この偽薬は21錠タイプのものにはなく、マーベロンでは緑色の錠剤として同封されていることが一般的です。他の薬の種類と区別して提供されていますので、本剤を使った後に必ず1週間以内に間違えないように使わなくてはいけません。

ただ、マーベロンは不正出血の出血量が多い傾向があるという難点もあります。長期間でこうした出血量の副作用が存在するわけではありませんが、気になる人は病院に相談する方が賢明です。割合としては、約2割から3割程度の人が副作用として不正出血を体験していますので、それを目安としておくとわかりやすいです。