• ホーム
  • モーニングアフターピルと低用量ピルは何が違う?

モーニングアフターピルと低用量ピルは何が違う?

モーニングアフターピルは、一般的にはアフターピルと呼ばれている医薬品です。避妊失敗後に利用される避妊薬のことを指しますので、事後的に利用することが基本となっています。

避妊対策の代表的なものに、男性側が着用するコンドームが存在します。コンドームを着用することは、性病の感染予防にとっても非常に大切なことです。しかし、コンドームも万全ではなく製品の質の悪さからゴムが破れてしまっているときもあります。こういったときに、利用できるのがモーニングアフターピルです。

避妊失敗後に利用するモーニングアフターピルでは、性行為からの時間が非常に大切になります。病院で処方されているモーニングアフターピルは最低でも72時間以内に服用することが求められています。この時間を経過してしまうと、一気に妊娠のリスクが上がってしまいますので万能の医薬品というわけではない点に注意が必要です。

反対に、低用量ピルは事前に毎日服用して妊娠のリスクを回避するものです。コンドームを着用しながら低用量ピルを事前に使っておけば、ほぼ99%の確率で妊娠のリスクを防ぐことができます。

ただ、モーニングアフターピルとの大きな違いもあります。それは、毎日服用し続ける必要があるかどうかです。元々、低用量ピルは事前の生理の調整という目的を持っていますので、単純な妊娠リスクの回避だけではなく生理周期の改善などの役割も存在します。実際に、継続して利用し続けると生理痛なども小さくすることができますし、自分の希望に応じた月経移動などもできるようになります。

特に、自分の希望通りに生理を調整できるというのは大きな魅力であり違いでもあるといえます。モーニングアフターピルは、緊急避妊薬という名称で提供されている医薬品です。その名前の通り、緊急的に利用することが求められていますので、用途に関しては妊娠の回避という大きな目的のために利用します。つまり、性行為が存在することを前提に服用するのが原則です。

一方で、低用量ピルは実は性行為をしないときであっても服用することができます。つらい生理を改善したいときに服用することで、ホルモンバランスを改善してその人の体調を良くできる可能性が存在します。

もちろん、こういった事前あるいは事後的な医薬品に依存しなくてもコンドームなどを利用すれば妊娠のリスクは回避できます。特に、性病の感染リスクは避妊薬とはあまり関係がないのでそちらも一緒に防ぎたい人はコンドームも男性に着用してもらうことがベストです。